僕のQtum(クオンタム)のトークンQTUMに関する投資評価まとめ

Qtumのトークン、QTUMについての投資評価をまとめましたので参考にしてください。

Qtum(クオンタム)とは?

イーサリウム同様のBaaSの一つですが、最大の特徴は、イーサリウムが採用しなかったビットコインのUTXO(Unspent Transaction Output)のトランザクションシステムを採用している点です。ここが理解できれば、Qtumのその多くのことは理解できると思います。

ビットコインが、UTXOを採用している理由の一つは、匿名性を引き上げるためです。わかりやすく話をするためにイーサリウムとの比較で行きましょう。イーサリウムのソフトウェアには「アカウント」という概念があるので、AさんがETHをいくら持っているかは、AさんのETHアドレスとアカウントが紐づいて、そのアカウントの中にETHの値が格納されていることで、Aさんの保有量がわかります。そして、この値が「正しい」という保証は、Aさんがやりとりした他のBさんやCさんのアカウントの残高やその取引履歴などを全て計算した上で完了します。既存の金融システムである全銀ネットのシステムとこの発想は同じです。つまりアカウントの数が増え、またETHがAさんか他の人に移動する条件が複雑化するほど、検証の計算には時間がかかります。

一方、ビットコインのUTXOはもっとシンプルです。まず、アカウントという概念は一切なく、ビットコインを送るAさんが「インプット」で、それを受け取るBさんが「アウトプット」で、そのアウトプットの値は、まだ誰も使っていない(=動かしていない)値で、その合計値が、現在の市場に流通しているビットコインの総量(マイナーが掘り出した量)と相違ないかを計算で検証して、問題なければ、そのBさんの保有しているビットコインの値が保証されるという仕組みです。そして、Aさんが5BTC持っており、Bさんに3BTC送る場合、Aさんは、自分のアドレスとひもづく新たな2BTCのUXTO(=アウトプット)を作り、前に持っていた5BTCのUXTOは不要なので捨てます。一方、Bさんは、受け取った3BTCのUTXOを新たに保有します。つまり、ビットコインというトランザクションシステムは、大量のUXTOの集合体でできているということですね。

さらに補足的な話をすると、ビットコインは、すごく単純なスクリプト言語で書かれているソフトウェアになるので、アカウントベースのイーサリウムではれば当たり前のように実装される「ループ処理」という回帰処理が実装できないように設計されています。この狙いは、かの有名なMt.Gox事件の引き金となったDDoS攻撃をできなくするためです。Mt.Gox事件は、MtGoxの中央集権的な取引所がDDoS攻撃でダウンしたことが原因で起きた事件であり、Bitcoinそのものは、強力なDDoS攻撃耐性があるので問題ではなかったということですね。サトシナカモトが重視した「匿名性」と「絶対に悪意あるユーザーに乗っ取られない」というP2Pネットワークの思想がアーキテクチャに色濃く反映されていることが、これの話からも分かると思います

また、さらにビタリックが、はじめ、イーサリウムの構想をビットコインの開発コミュニティに提案したのですが受け入れられず、彼がビットコインとは別にイーサリウムを立ち上げた背景は、イーサリウムにおけるトークンの振る舞いを複雑化させるスマートコントラクトの概念が、ビットコインのこのシンプルな振る舞いのみを許容するアーキテクチャと反りが合わなかったからです。

これらの話の経緯から見えてくると思いますが、僕の、過去、PoSベースのBaaSであるOrb1、パーミッションブロックチェーンの分散型台帳であるOrb DLTの開発経験を踏まえると、Qtumがやろうとしていることは、アーキテクチャとして論理的に矛盾しているように聞こえます。ですから、QtumのBaaSが、イーサリウム上で動いていると同じぐらいの何百というDappsを稼働させることになった場合、システム的にまともに動かなくなるのではないか?というのが僕の予想です。つまり、正常に稼働させるためには、トークンの振る舞いを制限する必要があるということです。

コンセンサスアルゴリズムは、PoWとPoSのハイブリットモデルで、各マイナーは、Qtumのコンセンサスネットワークに参加する場合は、一定量のQtumのデポジットを求められます。この辺りは、COSMOSと同じですね。僕はCOSMOSのATOMに投資しているのですが、その理由はこちらにまとめています。

僕がなぜCOSMOS(コスモス)のATOM(アトム)トークンに投資するのか?

また、現時点で、Qtumのノードは、世界で4,000強立っています。パーミッションレスなので、この数は、他のブロックチェーンプロジェクトのマイナーとして参加しているプレイヤーも入っているとみてよいでしょう。

トークンエコノミー

2017年3月から4月にかけて15億円規模のICOが実施され、全体として100万のQTUMトークンが発行されています。その後も年1%のインフレになります。一般的なBaaSのトークンエコノミー モデルと同じです。

戦略

システムアーキテクチャとして、UTXOを採用しているBaaSというプロダクト戦略以外には、とり分けて市場展開の特徴は見えてきません。上海を拠点にしていますから、東アジア中心に開発コミュニティを育てていくことになるでしょう。

チーム

Patrick Dai – Founder – Linkedin

中国科学院大学という技術系の大学院大学のコンピューターサイエンスの博士課程を中退し、その後、アリババグループで開発マネージャを経験し、VeChainのCTOやBitseGroupというビットコインの比較的大型のマイニングファームのCTOを勤めた後、Qtumを創業しています。その点から、ブロックチェーン技術にはかなり精通していることがわかります。

Stella Kung – CMO – Linkedin

台湾の大学を出たのち、中国で、ChainBという仮想通貨系のメディアのマーケティングディレクターをやっており、その後、Qtumに参画しています。

John Scianna – Head of Growth – Linkedin

CoinPipやBitwageといった仮想通貨系ベンチャーのグロースマーケティングをやってきている人物です。QtumのDappsエコシステムの成長を見ている人物のようです。

Natalie D. – Overseas Business Development Lead – Linkedin

直前も中国のテックベンチャーのBDマネージャをやってきている人物で、現在は、サンフランシスコを拠点に活動しているようです。

Ethan Shan – Software Engineer – LInkedin

中国の検索大手のBaiduを含めて、中国の大手テックベンチャーで、ソフトウェア開発をやってきている人物です。

 

事業の進捗

2019年8月時点、Qtum上で稼働しているアプリの最新一覧です。

競合の動向

最大の競合はイーサリウムであり、他のメジャーなBaaSプロジェクトは全て競合になります。その点から、別の記事でまとめていますが、AWSなどの中央集権型クラウドの大手が全て、自らB2Cの巨大ユーザベースを持っていることろが多く、PaaS専業業者がほとんどニッチプレイヤーに追い込まれている現状を踏まえると、ブロックチェーンのBaaS市場も同じ特徴出てくるとみています。ですから、Qtumも当面の課題は、このエコシステムの中から、自らの大型Dappsを育てることに注力すべきですね。僕はその傾向が整ってきていない中での、現状の全てのBaaSプロジェクトは、中央集権型クラウドに比べて過大評価されていると判断しており、その点については、こちらにまとめています。

大半のBaaSの時価総額は過大評価され過ぎていると考えている。なぜか?

現時点での投資評価

以上の点を踏まえると、他のBaaSも含めてそうなのですが、現状の250億円を超える時価総額は、まだ「割高」だと考えています。全ユースケースをターゲットにしたBaaSは、イーサリウム中心に、プレイヤーが出揃ってきていますから、ユースケースを差別化した特化型のBaaSとして、自社でDappsのユーザーベースを構築することも含めて、事業開発を進めることが生き残る上で重要になってくると見ています。

最後に、QTUMトークンは、僕がメインで使っている世界最大の仮想通貨取引所のBinanceで購入することができます。Binanceのアカウント解説方法と使い方の基本ポイントはこちらにまとめています。参考にしてください。

【初心者向け】Binance(バイナンス)の会員登録の方法まとめ

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

関連記事