僕のWavesのトークンWAVESの投資評価についてのまとめ

Wavesとは?

2016年に16億円のICOを実施し、運用を開始しているBaaSの一つです。特徴としては、リリースタイミングから、Kickstarterのクラウドファンディングを意識しており、ICO用のトークンを数分で作れることを売りにしています。ただ、そのモデルですと、イサーリウムのように複雑ま振る舞いのトークン設計はできないようになっているでしょうから、STO(Seccurity Token Offering = 株と同じ)のようにシンプルな投資トークンのデザインになるでしょう。

また、自前で、Waves BaaSの上にDEXも構築しています。この点を踏まえるとプロダクトの全体像は、Waves BaaS上でICOしたトークンが、Waves DEX上で売買できるモデルを考えているのだと思います。

コンセンサスアルゴリズムは、PoSベースで、Leased PoSと彼らは独自の言い方をしていますが、COSMOSのDPoS(Delegated PoS)と同じです。つまり、トークンを保有しているユーザーは、保有トークンをWaves BaaSのバリデーターに預けることで、バリデーター報酬の一部をリベニューシェアしてもらえるということです。COSMOSのDPoSについてはこちらにまとめています。

僕がなぜCOSMOS(コスモス)のATOM(アトム)トークンに投資するのか?

ただし、WavesのPoSは、パーミーションレスで設計されていますから、誰でもバリデーターになることができます。その点がCOSMOSと違っており、COSMOSの場合は、Games of StakesというCOSMOSの開発コミュニティ(この運営は非中央集権的)が主催するバーリデーターのコンペに勝ち残ったものだけがバリデーターになれます。それはバリデーターが常に安定して稼働し続けられるようなプレイヤーに限定しないとネットワークの維持が大変だからですね。個人の場合は、いつ離脱するか振る舞いが予測できないため、そのような設計にしているわけです。一方、Wavesは、イーサリウムが志向しているCaspter(=Ethereum 2.0)のPoSに近く、万人が参加できる世界を目指そうとしています。Ethereium2.0についてはこちらにまとめています。

Ethereum 2.0 コンプリートガイド

以下は、WAVES BaaSの概要図です。

バリデーターのインセンティブは、ブロック追加ごとに50WAVESからスタートし、五年ごとに5WAVESずつ減少していきます。ただし、CoinMarketCapの情報では、100,000,000 WAVES以上は発行されないようなので、供給制限モデルになっていますね。イーサリウムと同じGASでBaaSを動かす仕組みならば、これでも問題ないです。

トークンエコノミー

いわゆる一般的なBaaSと同じで、WAVES上でICOをやってくれるDappsがどれだけ増えるかにかかっているトークンエコノミー です。しかし、先に述べたように、イーサリウムのような複雑な振る舞いを可能にするトークン設計ができるものではなく、STOのようなシンプルなICOのモデルを志向しているので、次の戦略のところで詳しく話をしますが、実質はDappsターゲットよりかは、STOをしたいユーザーのみをターゲットにすると見ています。

戦略

まず、STOにフォーカスている点がどのような事業になるかを理解する必要があります。以下は、持続性の高いトークンエコノミー を作り上げる上での要件をマトリックスにしたものです。


多くのDappsが目指しているトークンエコノミーとは、上の図にあるように、マーケティング的な要素から、組織自体を非中央集権化し、自分たちのバリデーターネットワークを自前で構築していくことを目指している世界です。この構築には非常に高度なノウハウと時間を要します。ですから、DappsにとってBaaSを使う価値があるのですね。DappsはBaaSを使って初期の事業を立ち上げることで、上の図にある「Govenance」と「Validator Network」の領域は、BaaS側に頼ることができ、その間、Reward EconomyやSecurity Economy、そして、最重要であるNetwork Effectを立ち上げることに集中できるからです。全部、一度にやるのは、Dappsにとって負荷が高すぎるからですね。Dappsのトークンエコノミー 設計については、こちらに詳しくまとめています。

トークンエコノミーはリワード経済と株式経済をP2Pモデルで融合させたネットワーク効果の1つのモデル

そして、やがては、BinanceやCrypto.comがイーサリウムを卒業して、自前のブロックチェーンを構築し、今までBaaSに頼っていた、Govenanceと Validartor Networkを自力でやっているようになるのです。このときに活躍するのがCOSMOSですね。そのように多様化していくブロックチェーン同士のトランザクションを支援する役割を担っているからです。

一方、WAVESが市場参入戦略としてフォーカスしているSTOの世界とは、上の図でいうところのSecurity Economyのみが該当します。だから、すぐに発行できるわけですが、同時に、トークンエコノミー を構築していくのには向いていません。単なる株ですからね。ただ、金融系ITにチーム構成や、CEOがロンドンに別のプロジェクトを立ち上げて顧客開拓を進めていいる点を踏まえると、おそらく、地理的にはロシアとイギリスの金融業界にフォーカスし、かつ、ソリューションも、STOを中心に彼らのニーズに特化したものに最適化されていくと見ています。その点からは、ウォール街とイギリスのシティにフォーカスしているR3 Cordaに近いと言えますね。

そして、もう一つの戦略の特徴は、自前でDEXも構築している点です。以下は、僕の仮想通貨のポートフォリオ戦略の概要図です。彼ら、3と4をカバーしようとしているわけです。最近のニュースを見ていると2も自前でやろうとしているように見えます。つまり、スティーブ・ジョブズが率いていた頃のAppleのように、垂直統合戦略を採用しようとしているということです。これはかなりハードルが高いんですね。IT産業は、基本、レイヤーで立ち上がります。僕もその歴史的な経緯も踏まえて、以下のように5つのレイヤーを定義して、投資をしています。

もちろん、WAVESが垂直統合で進めることができますが、その分、かなり高度な経営ノウハウが必要になってくるので、獲得できる市場がニッチになる可能性はあります。例えば、スマートフォンの市場でもそうですが、市場シェアでいえば、プロダクト戦略として水平モデルを採用するAndroidの方が圧倒的に高いですよね。以下は、2019年1月時点の数字です。

URL: https://ameblo.jp/kkawapy/entry-12437924822.html

垂直統合戦略と水平戦略の違いなどについては、BaaSやBlockchainOSのプロダクト戦略と深く関わっているのですが、こちらのブログにまとめています。

ブロックチェーン産業の発展にカギの1つにあるスマートフォン向けOSの重要性

iPhoneとiOSは、スティーブ・ジョブズという天才起業家が、しかも、1st Moverとして動いて市場を作り切った経緯も含めて、垂直統合戦略で勝ち切ったケースですが、これは稀です。今で言えば、イーロン・マスクが、テスラでEV市場を垂直統合で立ち上げてますね。つまり、圧倒的なほど天才的なl起業家のみが実現可能なプロダクト戦略ということです。

ただ、のちの事業進捗のところでもお伝えしますが、最近、ゲーム系のNFTの売買を可能にするプラットフォームもリリースしたりしてきているので、市場参入戦略がブレているように見えます。

チーム

金融系ITに経験のある人物を集めたチーム構成になっています。

Sasha Ivanov – Founder & CEO – Linkedin

ロシアのモスクワ大学で物理学を専攻し、その後、直前まで独立してITコンサルティングの会社をやっていた人物です。その間に、電子決済やトレーディングシステムのプロジェクトに関わってきたようです。Wavesの前に仮想通貨取引所のベンチャーも立ち上げているので、シリアルアントレプレナーになります。また、彼は同時に、イギリスのロンドンを拠点にVostok Projectというブロックチェー系のソリューション会社も立ち上げています。

Vitaliy Tsigulev – COO – Linkedin

直前まで、ロシアの投資顧問会社で長く業務経験を積んでいた人物です。

Artem Kalikhov – CTO – Linkedin

直前は、ロシア最大の商業銀行であるSberBankのIT子会社であり、上場企業でもあるSberBank Technologyで開発のリーダをやっていた人物です。その点から金融システムに関する業務知識はしっかりとあるエンジニアになると思います。彼は、VostokのCTOも兼務しています。

Alexander Morozov – Senior Product Manager – Linkedin

彼も、SberBank Technologyの開発リーダーをやっていた人物であり、直前は、ニューヨークにあるBANKEXというブロックチェーン系スタートアップでProduct ManagementのVPをやっていた人物です。

Gleb Sychev – Marketing Lead – Linkedin

直前はロシアのゲーム系ベンチャーのプロダクトリードをやっていた人物です。

チームは、ほぼ全てロシアの人材で構成されています。

事業の進捗

現時点では、210のアクティブノードを保有しているようです。

また、2019年8月25日に、ゲーム系Dappsで手に入れることができるNFTの売買可能なプラットフォームをリリースしています。プレスリリースはこちらです。おそらく、ゲーム業界に明るいGlebがリードしているのでしょう。

競合の動向

チームメンバーを中心に定義すると、金融市場にフォーカスしていますから、日本ではSBIが筆頭株主として関わっているR3 Cordaや、IBMやOracleがリソースを投入しているHyperLedgerになってくると思います。一方で、ゲーム系であれば、いわゆるメジャーBaaSはイーサリウム筆頭に全て競合になってきます。正直、垂直統合戦略に近い事業戦略をとっている現状を踏まえると、どちらかに特化しないと全く質の違う市場であり強力な競合がそれぞれいますから、「二兎を追うものは一兎も得られず」という結果に終わってしまうと思います。

長期の課題

市場参入戦略を絞りこむことだと思います。チームのスキルセットを踏まえると、金融にフォーカスすることが一番生き残れる確率が高いと思います。

現時点での投資評価

僕は、BaaS市場は、既にレッドオーシャン化しており、かつ、市場自体が、本質的価値に比べて過大評価されすぎていると判断しているため、現在は、どの銘柄にも投資はしていません。BaaSについては、こちらの記事に考えをまとめています。

大半のBaaSの時価総額は過大評価され過ぎていると考えている。なぜか?

最後に、WAVEトークンは、僕がメインで使っている世界最大の仮想通貨取引所のBinanceで購入することができます。Binanceのアカウント解説方法と使い方の基本ポイントはこちらにまとめています。参考にしてください。

【初心者向け】Binance(バイナンス)の会員登録の方法まとめ

以上、みなさんの参考になれば幸いです!

注記:最終的な投資判断は自己責任になります。

関連記事