Sliver.tvを提供するTHETAネットワークのホワイトペーパーの翻訳 #1

イントロダクション

ビデオストリーミング市場について

今日、ライブビデオストリーミングは、全インターネットトラフィックの2/3以上を占めると言われており、2020年までに、その値は、82%まで上昇することが予測されている。2016年6月に発表されたCiscoのVisual Networking Index Reportによれば、18から34才のミレニアル世代が中心となってライブストリーミング市場を牽引しており、多用しているのは、Netflix、Youtube、HBOなど。そして、これらのサービス利用は、現在の1日平均1.6時間から5.7時間と、256%以上も成長する予測が出ている。そして、中でも、モバイルが急成長しており、2015には前年比44%、2016年には同じく35%も成長している。US市場では、モバイルストリーミングでもっとも多用されているのは、Facebook、Youtube、Twitter、そして、Live.lyやTwitchなどである。


同時に、360度型のビデオストリーミングコンテンツを含むグローバルのVRのトラフィックは、2015年から2020年にかけては6100%、つまり、61倍に成長するよ予想されている。

CDN (Content Delivery Network)が、このビデオストリーミングエコシステムで重要な役割を果たしている。彼らのバックボーンのインフラが、エンドユーザーにビデオストリーミングのコンテンツを提供しているのである。しかし、CDNがかかっている問題があり、それが、”ラストマイル”デリバリーモンヂである。典型的な例は、CDNが、POPs (Point of Presence)と呼ぶデータセンターを、視聴者に物理的に近いところを意識して、世界各地に構築しているのだが、その結果、もっとも人口が多い新興国地域には、そのデータセンターがまだ設置されていないことが多い。その結果、ストリーマーはその地域のユーザートラフィックが伸ばせない上、ユーザーは、悪い画質や、断続的な再生体験の中でしかストリーミングをみることができない。

と同時に、ライブストリームを提供する会社側の課題は、CDNの利用コストである。人気サイトでは、そのコストは、年間、年十億にもなる。仮に、プラットフォーム側が、CDN設備を持っていたとしても、そのメンテナンスコストはかなり高い。

そして、これらの問題は、4K動画、8K動画、360°VRストリーミング、そして、新たに出てきているLight field ストリーミングの普及にとって、更に深刻な課題になってきている。以下は、動画の品質レベルに合わせた、CDNの必要な帯域幅の比較データである。


VRとLight Fieldストリーミングの要件レベルが非常に高いことがわかる。そして、この問題を解決するために普及してきている手法が、”Foveated streaming”というテクノロジーで、ビデオ全体を完全な解像度でストリーミングするのではなく、周辺領域(ユーザー注視している領域以外)の画像品質を落としてストリーミングすることで、CDNの帯域幅要件を下げるというものである。視聴者側の頭の方向などの動きを追いかける形でこの最適化を行なっている。これが機能することで、サーバーとユーザー間に必要なデータのやりとりは、より小さくできる。この技術によって、視聴者が、DCNのPOPsサーバーから離れていても、視聴の不快さを軽減できる。

つづく。

関連記事